2008年04月08日

宮之浦港から

今日のブログは、来島のときにいつも利用している宮之浦港の風景。最初の写真は高速船の桟橋。
宮之浦港1
拡大すると屋久島の山々が近づく。地図で調べると、羽神岳とか高塚山とかの名前。皆が行きたがる縄文杉は、もののけ姫の森(白谷雲水峡)を越えて、峰々の向こう側だ。屋久島電工の工場の方角に、携帯アンテナと煙突や立ち昇る煙が見える。
宮之浦港2
島一番の物流基地の宮之浦港には、セメントや油や飼料などの貯蔵施設が揃っている。宮之浦は、約1万4千の島の人口の2割以上が集中する大きな街だ。
宮之浦港3
海と山の雄大な景色は屋久島ならでは。海岸線のわずかな平地に人々が暮らし、働き、生きているのが屋久島だと、写真から窺える。
宮之浦新港の先に徳州会病院が見える。左は、空港のある小瀬田方面。ずっと後ろは愛子岳。時々大型クルーズ船が着岸する新港だが、いつものサルベージ船が泊まっているだけ。
宮之浦港4
宮之浦港から見る風景は、安房港からとは違って、まるで海から島を眺めるような感覚だ。街も港も大きいから、そんな気がするのかな。
いつ来ても、忙しいという感じがしないのが屋久島の港のよいところ。発着便を待つ時間がどんなに長くても平気なところ。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 00:34| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素人の田舎暮らしをしています。
Posted by 田舎暮らしファン at 2008年04月08日 08:33
田舎暮らしファンさん、こんちにわ。
田舎の良さは、おいしい空気にうまい水、食べ物、そして人情。時代と共に都会から失われたものがまだ残っています。
日本国中で田舎暮らしブームですが、こういう時間の戻し方も必要なのでしょうか。
Posted by ミナミ at 2008年04月08日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。