2008年04月13日

屋久島産のおいしいビワ

パック入びわ屋久島はびわが売られる季節になった。「無農薬」「甘いビワ」などと書かれて店先に置かれている。
Kさんの庭のびわはまだ青い。聞いてみると、「黄色くなったそばから鳥がつつきに来るよ。だから自分は食べられないよ。商売でやっているわけではないので、みんな鳥にやっているよ」と、なんともおおらかな言葉。
「黄色くなりそうになったら、鳥よりも速く採りに来ます」と、私はKさんに言って帰ってきた。確か去年もそんなことを言ったような。

Webショップやくしまおいしくて甘い屋久島のびわ。農家は、出荷するために実に袋かけをして大事に育てている。収穫したものは丁寧にひとつひとつパック詰めをする。
暖かい南の島なので、屋久島のびわは本土に比べ一ヶ月ほど早く食べられる。島はこれから出荷の本番を迎える。

当社は、屋久島産の甘くておいしいビワを、皆様にネット販売でお届けすることにいたしました。サイズは2Lと3L(各1kg入り)。一箱からお送りしますので、よかったらお試しください。ご注文は、Webショップやくしまのページからお願いいたします。お待ちしてます。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 18:51| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。