2008年04月28日

竹の子竹の子

採った竹の子K 社員が、車のトランクいっぱいの竹の子を採ってきた。大きい孟宗竹の子がたくさん。
米ぬかと一緒に湯がいてアクを抜いて食べるが、K社員はアクを抜かないらしい。大きく伸びきったものでも上のほうは柔らかい。
竹の子にも雄雌がある。オスは先端の葉っぱが緑色で、下から見たときに丸い形で全体的に硬め。メスは先端が黄色で、楕円形でやわらかくて美味しいと言われている。残念ながら、K社員が採ってきたのは全部オスらしい。

ノビル取れたて新鮮な竹の子は、湯がいたあと刺身で食べるのがいちばんとか。孟宗竹の他にもいろんな種類の竹の子がある。いろいろ試してみよう。屋久島産竹の子はおいしい。
他には、タラノメ、ワラビ、ツワブキと山菜三昧ができる。
道端にノビルが生えているのを発見。これはおいしい。球根の白い部分を、さっと湯がいて味噌をつけて食べる。緑色の茎の部分も食べられる。意外においしい。香りが違うけれど、ネギみたいに使えそう。

竹の子関連記事:
≫Kさんちの竹の子
≫Tさんの食卓
≫ダイミョウ竹
他にもあります。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 14:53| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。