2008年05月19日

Tさん縄文杉登山のレポート

こんもりと積まれた枯れ草の上にテントを張り、滞在中というTさん。友達が遊びにきた時の様子を語ってくれた。

縄文杉へのトロッコ道『昨日は縄文杉を見に行ってきましたよ。
前日の夜10時過ぎに友人が「ぶっちゃけ縄文杉行きたいッス」と寝る直前にぶっちゃけました。この男縄文杉行ってから、夕方6時の飛行機に乗り込むつもりなのです。
条件は二つ。朝4時に自分で起きて、Tを起こすこと。そして雨が降っていないこと 。
「縄文杉行きたいッス」と、起こしたのはすでに5時半過ぎ「いやもう駐車場がないよ」「でも縄文杉行きたいッスぶっちゃけ縄文杉行きたいッス」と連呼する友人を乗せ、レンタカーで直行 。
途中のお弁当屋は全て売切れのため、所持していた食パン三切れずつが朝食と昼食を兼ねることに。
荒川登山口に駐車スペースはもちろん無く、かなり遠い所から出発。
断トツ最後尾7時30に登山開始。

荒川登山口バス停途中しゃがみ込んでいるドレッドヘアの男性に遭遇「でっかい杉ってどっちですか?」
その前にこの人はどこから来たんだろう?
「白谷なんちゃらって所から来ました」ツッコミ所満載だなぁ。
縄文杉ルートにいながらでっかい杉って。
ちなみにこのドレッドさんは私達より速かったです。
なかなかのハイペースで11時前に縄文杉とご対面。今時の観光客だなと思いながら食パンかぶりつき流れている天然縄文水で流し込む。格別にウマイ。

縄文杉でっかい杉でした。根本が一番魅力的でした。
帰路はゆるりと楽しみながらと思いきや、かなりグダグダとなって16時。
ハプニングありながらの縄文杉。行ってよかったと友人も大満足でした。
ちなみにハプニングのこの張本人、格好はトレーナーに7分丈パンツにスニーカー。お前はゲーセンにでも行くのか!?帽子無し手袋も無しというナメテマスタイルの友人。
周りのおばちゃん目を丸くしていました。

というわけで無事友達は帰っていきました。そして私もまた来年屋久島に来るので、パインの倉庫にキャンプ用品を預かってもらって帰ることにします。』


関連記事:
≫13歳のときに訪れた

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:49| 鹿児島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログだから色々な記事が有っても良いと思うが、私個人的にはつまらなかった。第一に書き方がふざけている。この様な軽装で自然を相手にするなど無謀の一語に尽きる。無事だったから良いという物ではない。登山時に於ける事故の大半はこの様な事で起きている。読んでいて腹立たしく思った。
Posted by САША at 2008年05月19日 12:58
このレポートを書いてくれた方の若い友人もいろんな意味で山のことがわかったと思います。今回は時間がなくて、急に思い立って登ってしまったようですが、今度はちゃんと本格的な格好で来ると思います。
Posted by みー at 2008年05月19日 16:09
当然のことです。この事に係わらずいい加減なことが多すぎる。「田舎暮らし通信」も常に九州地区でトップ10に入っているので掲載するときには良く内容を吟味し、十分注意して欲しいと思います。
Posted by САША at 2008年05月19日 18:58
いつも田舎暮らし通信を見ていただいてありがとうございます。CAWAさんは真剣に心配してくださっているまじめな方なのですね。なかなかここまで人のことを親身に思ってくれる人はいないのでありがたいことですね。
Posted by みー at 2008年05月20日 08:15
いま屋久島関係のブログは二百を越えているのではないでしょうか。軽いのりのものや硬いものなど千差万別。
WEBのよいところは誰もが手軽に自己表現できる手段にあると思います。生まれてきた人間ひとりひとりは皆主役。他者を思いやりながらも自由に生きられることがすばらしい。屋久島は、多様な自然の中で、人間社会も多様であってほしいと願います。当ブログは、今後もできる限りありのままの屋久島を伝えていきたいと思っています。

スニーカーの男性は、結果的に大きな迷惑にはならなかったようですが、屋久島に慣れたTさんと一緒でなければ準備不足の無謀な登山となるところでした。ガイドさんが付いているならまだしも、増えている登山者全部の監視にまで警察は手が回りかねている実情があります。時々遭難事故が報じられますが、今回は島の神様も目をつぶってくれたのでしょうか。

САШАさん、ご指摘ありがとうございます。心して参りたいと存じます。
Posted by ミナミ at 2008年05月28日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。